日本人はオニツカタイガー スニーカーの本当の値打ちを知らない

レビュー件数が多いオニツカタイガー スニーカー

クエンティン・タランティーノ監督が手がけたアクション映画
キル・ビルにも登場しました!

キルビル ブライド対コッパーヘッド
1949年に鬼塚喜八郎氏が創業したスポーツシューズのブランド名。
低価格な高性能シューズを数多く展開していることがきっかけとなり、
知名度を高めていき人気を確立したのは、
『ナイキ』の前身のBRS社がアメリカ販売総代理店を務め、
アメリカで大ヒットを記録したことに由来する。
その後はオニツカ株式会社として上場すまでに成長した。
しかし業績の悪化に伴い1977年に現在の『アシックス』に改名し、
オニツカタイガー』というブランド名は消滅するも2002年に復活を果たす。

日本生まれのブランドですが、
実は海外、特にヨーロッパで人気を博し

日本でも再び注目を集めるようになりました。
日本生まれ、海外育ちのブランドとして、
日本だけでなく世界中で愛されるブランドを目指しています!
ブランドが一般に広く認知されるきっかけとなったのは、
クエンティン・タランティーノ監督の映画キル・ビルでした。

日本を舞台にしたこの映画で、
ユマ・サーマンが演じるザ・ブライドが、

オニツカタイガーを着用した黄色のスニーカーは、
オニツカタイガーの名を広く認知させるのに
充分な効果があり話題となりました。
KILLBILL VOL.1でユマ・サーマンが履いたTAICHI
世界で限定3400足が発売されましたが、
瞬く間に完売となりました。
近頃の人気記事と注目記事
時流に乗る人・乗り遅れる人

オニツカは敢えてスリムなシルエットにこだわって、

日本発の洗練されたイメージで勝負しました。
それが功を奏してヨーロッパで人気に火が付きました。

海外での反応
オニツカタイガーの人気のポイントは、都会的で洗練された意匠と、
職人の手仕事を感じさせるていねいなつくりに表れていることです。
気軽なのに、多様なコーデやシーンに組み合わせる事が可能で
しっかりと馴染む心地のよさは、私達がいちばん重要視している
緻密な履き心地感覚に最適なのです
さらにこのオニツカタイガーのよいところは、カジュアル過ぎないところです。
ジャケットやシャツにも合うし、仕事のミーティングでも違和感がありません
レビュー件数が多いオニツカタイガー スニーカー

食品&飲料服&ファッション小物時計家電大型家電ミュージックホーム&キッチン
ホビーベビー&マタニティパソコン・周辺機器ドラッグストア・ビューティーデジタルミュージック
スポーツジュエリーシューズ&バッグコスメクラシックミュージックカー&バイク用品カメラ
お酒おもちゃTVゲームPCソフトKindle ストアDVDAndroidアプリAmazonビデオ
文房具・オフィス用品DIY・工具 産業・研究開発用品洋書楽器

あえてスポーツ専門店ではなく、

ファッションブティックやセレクトショップで
スニーカーを展開しました。
カラフルなスニーカーは、
欧州のファッションピープルはもちろん、
日本のセレクト系のバイヤーたちからも絶賛され、
インディペンデント的な逆輸入というかたちで
日本に入ってきたのでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中